一休のひとやすみブログ

日常のあれこれを発信中

蔓防のこと

こんにちは!

朝は寒い、昼間は暑い、落差の激しい日が続きますね。

厚着で家を出て後悔しがちです。

 

話が急に飛びますが、今回は今話題のマンボウについて語ります。

とは言っても蔓延防止策のことではありません。

こちらは各メディアで伝えられているのでみんなで気をつけて行きましょう。

このブログでは別のマンボウを取り上げたいと思います。

そんな名前の漫画喫茶もありますがそちらは近所に無いので割愛します。

今回取り上げるのは魚の方です。

お家時間の暇つぶしに是非ご覧ください。

 

f:id:thankyou19:20210421220607p:plain

 

詳しく見るとフグ目マンボウ科に属しているようです。(そんな科があったとは知りませんでした。あとフグの仲間なんですね、毒を持ってたりするんでしょうか。サイズ感が全然違う気がしますが、、)

丸っこい独特なフォルムが印象的です。

漢字で書くと字面がイカつくなったり実は食べることもできたりと意外な面が多々あります。

一部ネット界隈ではその生態がマンボウ最弱伝説としてネタになっているようです。

今回は何がどう最弱なのか詳しく見て行きます。  

以下が最弱伝説一覧です。

コメントを挟みながら見ていきましょう。

 

引用元:https://www.google.co.jp/amp/s/tenki.jp/amp/suppl/usagida/2018/12/03/28644.html

>まっすぐしか泳げないため岩にぶつかって死亡

…横移動するときどうしてるの?

>皮膚が弱すぎて触っただけで痕が付き、それが原因で死亡

…雑菌が入るとかでしょうか、これは気をつけないといけませんね

>・潜ったら水が冷たすぎて死亡

…あなた魚ですよね?

>・朝日が強すぎて死亡

…まっすぐしか進めなくて避けられなかったんですね

>・水面で日にあたっていたら鳥につつかれて死亡

…日に当たるのはいいの?

>・寝ていたら陸に打ち上げられて死亡

…天然なんですね

>・寄生虫を殺すためにジャンプして水面に当たり死亡

…飛べるとは思わなかった

>・食べた魚の骨が喉に詰まって死亡

…我々も気をつけましょう

>・食べたエビやカニの殻が内蔵に刺さって死亡

…我々も以下略

>・水中の泡が目に入ったストレスで死亡

…どの生き物でもストレスは体に悪いんですね

>・海水の塩分が肌に染みたショックで死亡

…さっきから肌弱くない?

>・前から来るウミガメとぶつかる予感がしたストレスで死亡

…一人で背負い込んで悩むタイプですね。早めに誰かに相談しましょう。

>・近くに居た仲間が死亡したショックで死亡

>・近くに居た仲間が死亡したショックで死亡し   た仲間から受けたストレスで死亡

 

体の作りは仕方ないとしても他のはもうちょっとなんとかならないのか?と思ってしまいますし、これだけ見るとあまりに弱すぎます、、

最後の方はコメントが浮かばないくらいです。

でもショックやストレスに弱いのは人間みたいで親しみが湧きますね。

 

しかし更に調べるとこの最弱伝説、デマも多数混じっているとのこと。話しているうちに尾びれがつくのはよくあること、どんなジャンルでも誤った情報に気をつけたいものです。

 

以上、長文にお付き合いいただきありがとうございました!

  • ←クリックでページトップに戻る