一休のひとやすみブログ

日常のあれこれを発信中

サッカー五輪代表メンバーを予想してみた

f:id:thankyou19:20210620174930j:plain

皆様こんにちは!

今回のテーマはタイトル通りです。

サッカー五輪代表のメンバーがどうなるのか予想してみたいと思います。

18人の狭い枠を巡る争いがどうなるのか見所です。

6月22日に正式なメンバー発表がありますので、発表後にこの記事と見比べて答え合わせもしたいなと思います。

 

  • (1)GK編。ここは固い?

 

まずは守備の要、GKです。

候補になるのは谷(湘南)、大迫(広島)、鈴木(浦和)です。

五輪の登録メンバーは18人なのでキーパーは2人体制で行くと考えられます。

ここ最近の親善試合では谷選手の起用が続いているので本番もこのまま行くでしょう。

とすると控えは経験が長い選手が欲しいところです。

ということで予想は

大迫

の2人とします。(敬称略)

  • (2)DF編。主力は固いが控えはどうなる?

続いてはDFです。

個人的にはガーナ戦の先発メンバーが現時点でベストなんじゃないかなと思います。

選び方としては主力4人に加えて控えに2人入れるのがセオリーだと思います。

しかし、控えが7人という制約があるので複数のポジションができる選手が有利に思えます。

(※テレビ中継などでよく聞かれるポリバレントとはいろんなポジションができるという意味です。豆知識としてどうぞ。)

イメージ的にはセンターバック1人、サイドバック1人だと思いますが、上記の条件と親善試合での起用を見て予想はこうします。(敬称略)

吉田富安酒井中山板倉橋岡

 

 

  • (3)MF編。激戦区です。

次にMFです。

ここもガーナ戦のスタメンが軸だと思っています。

控えには2列目タイプ1人、真ん中タイプ1人だと思っていましたが、先週のジャマイカ戦を見るとFWの交代が少なかったのでMFの控え3人のパターンもあると思います。

なので、ここでも複数ポジションがカギになると思います。

ここまでの起用を加味して予想はこうします。(敬称略)

遠藤田中久保、堂安、相馬旗手三好三苫(変換出てきませんでした。ごめんなさい。)

 

  • FW編。絶対的エースの相方は?

最後にFWです。

上田選手が当確で控えがだれになるかといったところでしょうか。

他にも直近呼ばれている林選手はパワー、前田選手はスピードと個性がはっきりしていて面白いです。

1点がほしい場面での出番や勝っている試合終盤の守備固めの出番が考えられるので周囲と連携がハマるかもポイントですね。

個人的にはどちらも本番で見たいところですがここも親善試合での起用を加味してスタメン1人・控え1人で予想します。

上田、前田

(敬称略)

 

これで予想が18人揃いました。

果たして何人当たるでしょうか。

あくまで個人の予想ですので話半分にお楽しみいただけると幸いです。

正式メンバーが発表されたらまた記事にできたらなと思います。

以上、今回もありがとうございました!

  • ←クリックでページトップに戻る