一休のひとやすみブログ

日常のあれこれを発信中

オリンピックを終えて。

2021年8月8日に閉幕した

東京オリンピック2020年。

コロナ禍の影響で異例の1年延期されたなかで開催された

オリンピックであったが数々の名場面、名シーンがありましたね。

 

各メダリストは現在はテレビ出演で多忙を極めるなか

そのテレビから見せる笑みからは

心なしか安堵の表情を受け取れますね。

緊迫した緊張状態、常に勝ち続ける勝者のメンタル

メダルを獲得瞬間には国民皆が感動し

何かに立ち向かう勇気をもらいましたね。

 

まず感謝しなければならないのがオリンピックを支えてくれた

ボランティアの皆様。

競技が円滑に進むように準備等をした上で

感染対策の徹底をしてくれておりました。

またボランティアの方自身も感染症対策の徹底

毎日のPCR検査など(報道ではPCRの催促が手薄だったとの事件もありましたが・・・)

日本人らしいおもてなしの心が生んだオリンピックではなかったでしょうか?

中でも私が感銘を受けたのが

テレビでの放映がなかったところでも

選手バスで会場に入る選手たちをお出迎えするシーンが

とても心を打たれました。

無観客や観客の制限があった中での開催でしたが

選手たちのモチベーションを底上げしたことでしょう。

 

 

またこのように無事にオリンピックを終えることができたのも

ボランティアや運営などの影の努力があっての成功であり

日本人だからこその場面がかなりあったとも思えます。

丁寧な対応、ルールの徹底など日本の国民性が垣間みれることができました。

 

また選手たちもコロナ禍で大変な思いをしたと思います。

1年の延期でコンディション調節が思うようにできなかったでしょう。

国によってはコロナが深刻化している国もありました。

対外試合ができなかったり、国によって選手たちの

仕上がりも違ったと思われます。

コロナで揺れたこの情勢の中で

あの一瞬で心技体を整えて発揮することは

並大抵のことではありません。

一瞬に賭ける思いには選手それぞれにたくさんの思いがあったに

違いありません。

本当にメダルを獲得した選手たちの涙を見るたびに

こちらまでもらい泣きしてしまいました。

 

 

その当時は『復興五輪』と言われていました。

それは東日本大震災のことを謳っていたのだろうが

今回コロナ禍の開催となりこの『復興五輪』はその震災と同じ意味を捉えてるのではないでしょうか

世界各国がコロナに直面しました。

中には身近の方を亡くされた方もいらっしゃったと思います。

しかし皆が以前の生活に戻れるように頑張っています。

皆のこの頑張りに背中を押してくれるオリンピックだったと思います。

選手の皆様、本当に勇気をくれてありがとう。

心より感謝しています。


 

  • ←クリックでページトップに戻る