一休のひとやすみブログ

日常のあれこれを発信中

『中古車』五輪公用車の流通具合を調べてみた

f:id:thankyou19:20211014231001j:plain


こんにちは。

久しぶりに雑記な記事です。

今後は趣味の話をメインに3回に1回くらいの頻度で雑談を挟むイメージで更新していきたいと思っていますので是非よろしくお願いします!

ということで今回の本題です。

オリンピック閉幕から1ヶ月少々。

その後開催されたパラリンピックも無事終わりました。
賛否両論ありましたが選手のみなさま熱い戦いをありがとうございました。

 

大会の裏側では多くのスタッフのサポートがありました。
今回の記事ではスタッフと共に裏方で大会を支えた公用車が中古車市場に出回っているようなので取り上げていきます。
オリンピックに合わせて大会中の選手輸送や関係者の移動用にトヨタ自動車を始め各社が車両を提供していました。
オリンピックの特別ラッピング付きで提供されていたのでニュース映像などで見覚えのある方もいるのではないでしょうか。
大会終了と共に役目を終えた車両が中古車ディーラーに引き取られ販売されているようです。
これらの車両の価格や流通具合などを見ていきます。
 

 

提供された車種はアルファードカローラプリウスなどトヨタの有名どころが一通りです。
 
ということで価格を見てみましょう。
情報源はグーネットです。
プリウスをざっと見たところ300万〜330万円といったところです。
 
グレードは基本的にAでした。
流通している店舗は首都圏だけというわけでも無く全国各地のトヨタディーラーに流通しているようです。
プリウスphvは安い順にS、Sセーフティ、A、GRスポーツ、Aプレミアムと5種類のラインナップがありますがAグレードは丁度中間のものになります。
走行距離は1万km以下のものなので新車価格と比べるとかなりお買い得なのではと思います。
オプションは追加できませんが五輪ラッピングという新車で選びたくても選べない装備は魅力的ではないでしょうか。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《 新車 プリウスPHV 2WD 1800 S “GR SPORT” 》
価格:3956000円(税込、送料別) (2021/9/27時点)

楽天で購入

 


グレードを上げたり装備を追加したりするともっと高くなります。
補足として五輪で使われたAグレードは新車だと375万円からです。
最上級グレードのAプレミアムは401万円からとなっています。
 
 続いてはカローラツーリングです。
売りに出ている1台は本体価格215万円、グレードはハイブリッドSでした。
こちらも走行距離は1万km以下ですので中身の傷みは無さそうです。
が、9月下旬に下書きした時点では流通していたカローラですが改めて確認すると売り切れてしまっていました…。
調べていて思ったことですが相場が販売開始のころより下がってきているなと感じました。
ちょっと頑張れば手が届きそうです。

 

 

 

中古車情報(1-30件を表示 ) | グーネット中古車(Goo-net)中古車検索

 価格は270万〜330万といったところです。
新車とほぼ同じくらいですがお近くの方は是非。
 
全体として、五輪で使われた中古車は走行距離も少なく新古車の状態で各地で売りに出ていることがわかりました。
データは記事執筆時の情報のため取り上げた車両が成約してしまっている可能性もあります。ご了承ください。
ラッピングそのままで購入して綺麗な状態で維持できれば後年にクラシックカー的な価値がつくのでは?などと邪推してしまいました。
過去の記事でも書いていますが、多少予算を超えても納得のいく車を選んだ方がいいと思っています。
適当に選ぶと後から欲が出てきて後悔します。
以上、今回もありがとうございました。

  • ←クリックでページトップに戻る